婚活ってこんなにしんどいものなんですね

28才から始めた婚活もいよいよアラサー後半に突入!これまでとこれからの婚活記録。同志の力なりたい!男、女、仕事、人生、価値観と戦います!

【婚活アプリ】亮太さん1

好印象の連続

アプリを始めてすぐに亮太さんの方からアプローチがあった。

○30歳
○地方公務員
○173センチ
○写真:ちょいソース顔タイプ、ハゲてない、いわゆる普通(ということは婚活市場では上玉)

プロフィールを見て、この人はプロフィールだけだったら婚活無双できる!あっちゅうまに消えるでこれは!とすぐに思った。

そんなゲスい気持ちを隠しつつ、メッセージの交換が始まった。
メッセージでも、丁寧な文章、こちらへの気遣い、話題提供や、質問の程度など、なにも申し分がなかった。

すんなりと初回の面接へ

私はアプリで知り合った人と会うのは亮太さんが初めてだった。
緊張なんだか、楽しみなんだかよくわからない情緒だった。

待ち合わせには私が先についていたため、亮太さんから声をかけられるのを待つ。

そして亮太さんが声をかけてくれた。
とりあえず2つのことにほっとした。

1:私の顔を確認してドタキャン!にならなくてよかった。
2:亮太さんが一緒に歩けるレベルでよかった。

こう並べると、私は本当に外見に対する価値を高くおいているのだと再認識する。

亮太さんのアプリ遍歴

亮太さんが予約してくれたお店へ。ほどほどにガヤガヤしているモダンな和風居酒屋だった。
初対面によくある微妙な気まずさはあるものの、お互いいい歳なのでビジネスライクなノリでやり過ごす。
(のりまささんはこの段階で緊張感がすごくて、ビジネスライクなリードすら出来ていなかった。)

当たり障りのない会話をしつつ、お互いのアプリの状況やアプリあるあるなどを話して結構盛り上った。

亮太さんはアプリでは4人くらいと会ったらしい。アプリを初めたばかりの私は、同じ女性はどんな人がいるのかとても興味があったため、無礼とは思いつつどんな人と会ったのか聞いてみた。

亮太さん「20代前半の方が多いですね。どの方もソノミさんのようになんでアプリやっているのかと思うような方ばかりでした。」

お世辞だとしても嬉しいと思ったのと、自分の婚活市場価値を思い知らされた瞬間であった。

亮太さん「ただ、自分の魅力がなかったのか連絡とらなくなっちゃいましたけどね」

うーん。
私と会っているということは保険か本命どちらにしろ、精力的に活動していると捉えられた。何人と連絡とれないのかはわからないけど、半分本当のことなんだろうなと思った。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村