婚活ってこんなにしんどいものなんですね

28才から始めた婚活もいよいよアラサー後半に突入!これまでとこれからの婚活記録。同志の力なりたい!男、女、仕事、人生、価値観と戦います!

【再びの男】佐々木さん2-5


お久しぶりです。
しばらく更新をしておらず、稀少な読者?の中にはご心配を頂いた方もいるかもしれません。
ありがとうございます!
私は元気です!日々老化と闘うババアは健在で、ただ、少しだけ忙しくしておりました。
まだ記事にしたいことはたくさんあるので、気長にお付き合いくださいましたら嬉しいです。

では【再びの男】佐々木さんの続きをどうぞ。

ついに核心に迫る

ケチや、デートに消極的な様子、明らかに私には興味がないように感じ、私は苛立ちと不安を募らせていた。

自宅で過ごしている時、まだ午前中であったため今日はこのあとどうするかを相談していた。

佐々木さん「うーん、特に行きたいところは思い付かないなぁ…。」

案の定、佐々木さんは出掛けることに乗り気でない様子。


とうとう、私は我慢できなくなり佐々木さんに問いかけた。



ソノミ「佐々木さんは、私と一緒にいて楽しいと思う?」

佐々木さん「…。ソノミちゃんはどう思う?」

ソノミ「楽しい気持ちよりも一緒にいて楽だなと思う。」

佐々木さん「俺もそうかな。」


これ、ずるくないか?
佐々木さん、自分の気持ちは結局話してない。
本格的に苛立ってきて、これまでに記事にして来た『おかしいぞ?ポイント』を伝えてみた。

音信不通へのカウントダウン

私が感じていたポイントを伝えると、佐々木さんは「金銭感覚の価値観のズレはあると思う。」と。(カフェの利用について)

佐々木さん「そういうのを擦り合わせていく必要はあると思う。ソノミちゃんはもう結論を出したいのかな?」

ソノミ「まだ短期間だからよくわからないのが本音。佐々木さんはどう思う?」

佐々木さん「俺ももう少し様子を見たいと思ってる。」


何かこの発言も今思うと、私の意見に便乗してる感あるし、『様子を見たい』ってニュアンスが上から目線に感じる。

その日はそのまま解散した。

佐々木さんは予定の調整については努力できるから、確認などは気をつけてやっていきたいと前向きなことを言っていた。





にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村