婚活ってこんなにしんどいものなんですね

28才から始めた婚活もいよいよアラサー後半に突入!これまでとこれからの婚活記録。同志の力なりたい!男、女、仕事、人生、価値観と戦います!

【再びの男】佐々木さん2ー4

まだまだ続く「おかしいぞ?」ポイント

デートの約束の取り付け方、内容、話題について前記事で触れた。


まだまだ再びの男には知らなかった一面があった。

  • 感覚がケチ(合わないだけとも言える)

デート中、嫌だな思うことのひとつだった。

言動がケチっぽく感じるのだ。

【ケース1】
ショッピングをして、休憩しようという話になった。

佐々木さん「ちょっと疲れた?休む?」

ソノミ「そうだね、休憩しようか。」(どこかカフェ空いてるかな~)

佐々木さん「さっきあそこに自販機あったよ」

ソノミ「…あっ…そう~?」


【ケース2】
コンセプト系のイベントに行った。
イベントが終わって休憩しようと話題になった。

佐々木さん「休もうか。あっ、あそこにマックあるよ!」

ソノミ「…あっ、そうだね~」
(マックでもまぁいいかよね。)

しかし、イベント会場周辺は混雑が激しく、マックはとても混んでいた。

席はなさそう。

佐々木さん「買ってきていいよ。俺は買わないで待ってるから。席ひとつ空いたら座ってていいからさ。」

えっ、あなたはお茶しないの?席1つって私一人で座れって??


【ケース3】
さすがに上記のような事が続いたため、しっかり意思表示する必要があると判断。

また、お茶休憩のタイミングがやってきた。

ソノミ「私、最近TULLY'Sのカフェラテにはまってるんだ!TULLY'Sあったり、行きたいな!」
(TULLY'Sは一例です。)

佐々木さん「TULLY'S好きなの?」

ソノミ「私は結構、カフェとか喫茶店自体が好きだよ。あんまり利用しない?」

佐々木さん「俺は100円の缶コーヒーで、充分だと思う。コーヒーに500円とか出すより他のことに使いたい。」

ソノミ「…他のことって?」

佐々木さん「飲み代とか。」


の、飲み代…。まぁ、いろいろ付き合いもあるけど…。

そんなやりとりをしながら店内へ。
レジにて、佐々木さんは注文せず、私だけ注文した。



ここで、どう感じるか、なにを伝えるかで結婚できるかできないかの分かれ道なのかもしれない…。(大げさ)

と思う。

結婚してこの金銭感覚はきっと、大切なんだろう。だけど、それ今じゃなくない?
お互いを知るためのデートで、お互いに楽しめるような工夫、足りなくない?


この問題はわりとずっと引っ掛かっていた。




 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村