婚活ってこんなにしんどいものなんですね

28才から始めた婚活もいよいよアラサー後半に突入!これまでとこれからの婚活記録。同志の力なりたい!男、女、仕事、人生、価値観と戦います!

【婚活アプリ】山下さん4


もう、何度目のこの展開かしら

波長の合わなさを少し感じつつも、まだ、出会って数十分しか経っていない。
緊張するのは当たり前だ。
ゆっくり話していこうと考えていた。

すると、山下さんは話しかけてくれた。

山下さん「ソノミさんって何年生まれですか?」

普通に生まれ年と干支を伝える。
私も山下さんに聞き返した。

そして、沈黙。


えっ。終わり?


これは仕方がない。こちらから話を膨らますしかない。
と、当たり障りのない話を私から振っていった。
仕事や、住んでいる場所、休みの日は何をしているか…など。
山下さんはひとつひとつ回答してくれた。
本当にただただ回答してくれた。

もう何度目かわからない。またこのパターン。
ソノミから話を振るが相手からは質問されない、ただただ相手が答えるだけの一問一答スタイル。

もうこのパターン本当にやめてくれ。

メッセージ上は女性慣れしているように思えたけど、ソファーに真っ先に座っちゃうことや簡単な質問もできない様子からすると、慣れてない人種だったのかな…。

しかし、ソノミの年齢のことは気になったんでしょうね。31になったばかりなのか、32歳にこれからなるのか、そのために生まれ年は聞いておきたかったんでしょうね。
なんて自己中心的。

ここらで大分やる気なくなってきた。

もうこのひと無理かも

料理が運ばれてきて少しほっとした。
なんかもう会話は楽しめなさそうだから、食事だけでも楽しみたい!と、率先して取り分けたりしていた。

好きでやっているので全く構わないのだが…

山下さんはお礼もなく、料理が何品来ても取り分けをかわろうとする素振りもない。
取り分けられて当たり前のようにただ、ソファーに座っているのだ。

ない。この、態度はない。緊張してるとか差し引いても気遣いの姿勢が見られない。
少なくとも私の価値観とは大きく相違している。
ない。

そして、このあとさらにないわーな発言を山下さんは聞かせてくれたのだ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村