婚活ってこんなにしんどいものなんですね

28才から始めた婚活もいよいよアラサー後半に突入!これまでとこれからの婚活記録。同志の力なりたい!男、女、仕事、人生、価値観と戦います!

【相席屋】年下の男12


結局部屋に入れることに

………。

どうしよう、と考えていた。このまま家に入れたらいけないという気持ちと、もう少しゆっくり過ごしたいような…。




ソノミ「うちで話す?」

西田くん「ソノミさんがよければ…。」



誘惑に負けた。


自宅にあげることとなった。
少し不安な気持ちと、何故だか嬉しい気持ちもあった。

近くのコインパーキングに車を止めて、お茶を用意して、始めはまたまたいつもと同じように雑談をしていた。
そして、またまたそんな時間が楽しかった。

綺麗な言い方をすれば「今を大切にしている」

このままではいけないと思い切り、本題に移した。

正直に西田くんのことを気になっていたこと、素敵だなと思っていること、海外に行ったら寂しい、もう会えないと思うとかなしい。

こんなことを伝えた。

西田くんは、私を好きな気持ちは認めるけど、中途半端に付き合うのはできないと。

こんなやりとりを何回かしていた。

この段階で、私は西田くんのことが好きだったし、手に入れたいと思っていた。

中途半端でもいい、今お互いが必要としているなら海外に行くまでの間、そのあと遠距離になってもいいから挑戦したい。

こんなことをお互い伝えて、話し合った。

西田くんは少し困っていたけど、最終的には付き合いますかと言ってくれた。
私はそれに応じた。

そして、すぐに恋人の関係になった。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村