婚活ってこんなにしんどいものなんですね

28才から始めた婚活もいよいよアラサー後半に突入!これまでとこれからの婚活記録。同志の力なりたい!男、女、仕事、人生、価値観と戦います!

【婚活パーティー】井上さん6

まさかのヤリモク疑惑からの未読スルー

さすがにこの提案には恋する乙女モードの私でも疑念を持たずにはいられなかった。
ただ、それでも井上さんのことを好きだったから5回目の面接は設定したかった。
こちらに遊びにいきたいという文面はスルーして、私の空きを伝え、井上さんの空いている日を確認する。(こちらにはめぼしい場所はないから別の場所でとかなんとか伝えた気がする。)

待てど暮らせど返信なし。未読。
また、このパターン…。
未読のまま1週間近く経過。

今度こそ終わりか…。やはりヤリモクだったのか?

さらに、2週間近くが経過。もうすぐ、私の伝えた日程が迫っている。
諦めきれない私は前回同様、ダメ元で追撃LINEをした。

完全に振り回されている

来ない。返信はない。既読にならない。

終わった…。

諦めるしかないかな…と腹をくくり始めたとき、まさかのまたまた奇跡の返信が!!!

「△日、空いてます。」

何てシンプルなんだ。返信が遅くなったことに対する謝罪などなく、必要なことだけに触れている。実にシンプルな返答だ。
ここまでくると清々しい。大物だわ。

今だったらこんな人と絶対付き合いたくないが、この時はこの返信が嬉しかった。
また、会えることが嬉しかった。

某有名公園へデート

奇跡の返信を何とか繋げて、以前から私が行きたかった某公園へデートにいくことになった。
今回はある意味ラストチャンス。今回でこの先につながる話を切りだそう。私のことどう思っているのか、私はもっと仲良くなりたいと思っていること。話さなくては!

そして、14時に待ち合わせる。
その日は午後から雨予報だった。しかし、天気予報をちゃんと見ていなかったため私は傘を忘れてしまっていた。
井上さんは傘を持ってきていたため、まさかの相合い傘。しかも予定通り公園へ。
今思えばそこまでして公園にいく必要があったのかは謎である。

相合い傘にドキドキしながら公園を見て回った。疲れてきたのでお茶しておしゃべりをして過ごした。

この段階で夕方近くなってきていた。
言わなくては、聞かなくては…
わかってはいるけど怖くてできない。(本当にヘタレババァなんです。)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村