婚活ってこんなにしんどいものなんですね

28才から始めた婚活もいよいよアラサー後半に突入!これまでとこれからの婚活記録。同志の力なりたい!男、女、仕事、人生、価値観と戦います!

【くそ野郎】岩崎さん5


忙しい岩崎さん

岩崎さんとのお付き合いは絶対に秘密だった。社内恋愛禁止の風潮、お互いの立場を守る上でも。

お付き合い当初は探り探りでぎこちなかった。段々と恋人らしくなってきた。
名字ではなく名前で呼びあったり、LINEで他愛のない話をしたり。
私も徐々に岩崎さんを彼氏として好きになりはじめていた。
社内で会えない日があると落胆したりしていた。
ただ、岩崎さんはやはり部署的に忙しいらしく、自宅に帰れないこともあった。また、家族と出かける(実家住まいだった)といって、連絡がパタッととれなくなったり。遠出をしてそのまま泊まり、充電器を忘れて連絡できず、2日後に連絡が来ることもあった。そのためデートらしいデートはほとんどなかった。
(このエピソードだけでお気づきの人もいるでしょうね、いろいろと。)

お泊まりの提案

そんな中、岩崎さんから1日コースのデートの提案があった。その場所は岩崎さんの住んでいるところからは結構な距離があった。そして、いきたい場所に人気のカフェが入っていて、そのカフェは早朝から行かないと入れない、売り切れ次第閉店するようなお店だった。

岩崎さんはこれらの理由を並べて、前泊することを提案してきた。

まぁ、付き合っているのならそういうこともあるのかなと、少し早いような気もしたが、お泊まりを承諾した。

関係が深まり結婚感に触れる

少し遠いところに予定通りデートにいった。基本的には楽しく過ごしていた。
夜は岩崎さんが予約していたシティホテルに泊まる。大人なのでそれなりの関係になる。
なんだかこの時点では好きだなと思う気持ちと、このままでいいのかなと思う気持ちが混在していた。
この時少し、結婚感について話した気がする。
岩崎さんは最近の彼女(別れて1年)は20代の大学生と付き合っていたようで、結婚とかは考えてなかった。これからも自分が結婚するとは想像がつかないと言っていた。
今思えばこの台詞って完全にいい年したアラサー女に対する牽制だよな。
岩崎さんは今まで年下としか付き合ったことない、年上は無理とか言っていた。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村