婚活ってこんなにしんどいものなんですね

28才から始めた婚活もいよいよアラサー後半に突入!これまでとこれからの婚活記録。同志の力なりたい!男、女、仕事、人生、価値観と戦います!

【婚活アプリ】亮太さん2

次回会うまでのやりとり

その日は2時間半くらい軽くご飯を食べて解散。
別れ際にまた誘いますと言ってくれ、ちょっと嬉しかった。LINEの交換もする。
お礼のLINEのやり取りの後、LINEでも次回会える日の予定を聞いてくれた。
次回は2週間後先の休日となった。

会う日まではどこに行くか、何をするかなどをだらだらとLINEでやりとりをしていた。
アプリに限らず、まだそれほど親しくない異性との会う日までのやりとりってどこまですればいいのか悩む。
会う日まで、何だかんだ続けた方がいいのか、待ち合わせとか約束が決まったら終わりにしていいのか…。
結局亮太さんとはだらだら連絡を取っていた。婚活に置いては約束が決まっても、細々と連絡は取り合っていた方がいいのかもしれない。
なぜなら並行ありきの世界ではその間にも新しいいい人が現れるかもしれないから。
ドタキャン防止的な?

あれ?なんか老けてない?

そして、当日。
亮太さんの希望で水族館に行くことになっていた。水族館自体はこじんまりとしているが、公園が併設されているような所であった。

2週間ぶりに会う亮太さんは、前回よりも老けて見えた。30歳あたりから男性の見た目年齢はどんどんばらついてくる印象が以前よりあった。
女性は化粧や髪の毛で、余程でなければ相応に見せることは可能だが、男性はそうもいかないのだなぁと心の中で考えていた。
また、前回はじっくり観察する余裕がなくて気づかなかった、しわに気づいたのだと思う。(お互いさまだと思うけど)

嫌悪感は突然に

水族館を楽しむ。
が、だんだんと亮太さんに既視感を覚えている自分に気がついた。
しかも嫌悪感の。

(ん?この感じ、なんだっけ、この嫌悪感なんだっけ…)


わかった。

28歳の時に2ヶ月だけ付き合ったクソ男と似てるんだ。

亮太さんのふるまいが、付き合ったことを後悔した男のそれに似ていたのだ。
○声の雰囲気
○話し方
○こちらを観察してくるのが伝わってくる
多分この3つだと思う。

こんなのただの不運としかいいようがない。
私の勝手な事情だ。そんなことを理由に亮太さんのいいところを知る前に終わりにするのはいけない…!そう自分に言い聞かせていた。
が、なんだかイライラしてきた。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村